カテゴリー「イベントレポート」の49件の記事

2017年9月24日 (日)

God Save The Queen(Dios Salve a la Reina)来日公演

20170920_02

偶然にも、昨年のクイーン+アダム・ランバートの武道館公演からほぼ1周年という9月20日、アルゼンチンのクイーン・トリビュートバンド、God Save The Queen(Dios Salve a la Reina)の初の来日公演。

告知の記事はこちら。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-583d.html

先日のFreddie For A Dayの時に、「平日の夜遊びは体力的に翌日が無理」と悟った凛々さん、今回は翌日にしっかりと遅い夏休みを取って挑みましたよ中野サンプラザ!

20170920

6時開場7時開演だったのですが、凛々さんが中野に着いたのは6時半くらいだったでしょうか。
こちらの記事でお知らせした、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/music-lifequeen.html

「MUSIC LIFEが見たQUEEN」展は、ホールのドアのすぐ前の狭いスペースで行われたため、ちょっと人がごった返し(といっても大した人数ではないのですがなにしろ通路が狭い)あまりゆっくり観られる感じではなかったのが残念です。

20170920_06

シンコーミュージックさん、ブライアンの3D本イベントの時の展示をまたしても使いまわしたので、写真はこちらをご参照ください。って、記事も使いまわしてどうする。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/queen-in-3-d-96.html

むしろ、1階の階段脇のロビーでやった方が良かったのじゃないかしらね?
なお、時間がなかったので「ソノシート音源のスペシャル・スライドショー」は、じっくり観ることが出来ませんでした。残念。

20170920_08

さて、ホールに入ってみると意外にも(大変失礼)ほぼ満席の状態。さほど宣伝してるとも思えなかったのですが、キャパ2000人埋めたのは大したもんだと感心しちゃいました。

さっそくですが、セットリストはこちら!ファンなら判る、この謎構成!(笑)

 Tie Your Mother Down

 I Want It All

 Another One Bites the Dust

 Killer Queen

 Flick of the Wrist

 Save Me

 Now I'm Here(call and response)

 Under Pressure

 Need Your Loving Tonight

 Somebody To Love

 (guitar solo)

 One Vision

 A Kind Of Magic

 Who Wants To Live Forever

 I Was Born To Love You

 You Take My Breath Away

 Love Of My Life

 Driven By You

 I Want To Break Free

 Radio Ga Ga

 Crazy Little Thing Called Love

 Bohemian Rhapsody

 -encore1-

 Don't Stop Me Now

 Big Spender

 We Will Rock You

 We Are The Champions

 (God Save The Queen)

 -encore2-

 We Will Rock You(Fast)

 ☆   ☆

よく言えば各時代まんべんなく。むしろ、まんべんなさすぎ。

オープニングの「Tie Your Mother Down」はアルバム「華麗なるレース」のあのオープニング、「じゃっじゃっじゃじゃじゃーん」から始まり、お、77年あたりのクイーンライブの出だし!と思ったら続けて「I Want It All」ですもん。

で、後期-中期に飛んだと思ったら、いきなり「Killer Queen」でさらに「Flick of the Wrist」!そ、その曲、本家クイーンは「オペラ座」前のほんとの初期しかやってないぞ…
凛々さん、「…さ、先がまったく読めない…」と面食らってばかりでした。

20170920_03

ジョンの曲「Need Your Loving Tonight」もかなり珍しいチョイスだと思ったけど、極めつけはブライアン・メイのソロ曲である、「Driven By You」。個人的には大好きな曲だけど、でも

な ぜ そ れ。

歌ったのはギターのブライアン役 Francisco Calgaro さん。
寄る辺なくふらつくボーカルがとってもブライアン(←誉めている)。

あと、おそらくは日本公演ということで特別に入れてくれたんじゃないかと思われる、「I Was Born To Love You」。本家も含めて「いつもすまねえなぁ、ごほごほ」って感じです。
ライブとしての「お手本」がないせいなのか?アルバムバージョンのアレンジでしたよね。アウトロの「はっはっはっは~いっつまーじぃ!」まで歌った(言った)もん!そ、そこまで再現するか!
間奏部分のブライアンの早弾き、本家のサマソニでもはらはらしましたが、今回もめでたくはらはらしました(笑)。

前にも言った通り、凛々さんトリビュートバンドにはあまり詳しくないのですが、なんとなく、彼らは本家クイーンのステージやアルバムをなぞるというよりは、

とにかく自分たちが好きな曲をやる!

という、清々しいまでに我が道を行く姿勢なのかもしれませんね。
それはそれで頼もしいな、好ましいな、と思いました。新鮮だしね。驚きもあるし。

とにかくこの構成にびっくり仰天した印象が、凛々さん実は一番大きかったです。

https://youtu.be/yzTk4AGLsa8

「Radio Ga Ga」くらいから、やっとおなじみのワークスツアー~マジックツアーあたりの構成の感じになって、ああ、慣れた展開は落ち着く、と(笑)。

声に関しては、フレディ Pablo Padin さんだけでなく、ブライアンの Francisco Calgaro さん、ロジャーの Matias Albornoz さんの3人とも、時々はっとするほどご本家に似ている瞬間がありました。

メインボーカルだけでなく、声を3人とも寄せて来てる、っていうのはトリビュートバンドでも珍しいんじゃないでしょうか?

ご当人もそこは自信があるのか、なんとあの「Bohemian Rhapsody」を、テープを使わずオペラパートまで全部生でフル演奏しましたよ!す、凄い、本家でもやらないのに!
ボーカルのエコーの掛け方も上手かった。

https://youtu.be/suHT15HanWE

演奏の方は…えっと、ごめんなさい、あくまで個人の感想なんですが、歌声ほどは寄ってない、というか…ほら、バンドによってプレイしてて「はい、ここ!」みたいな瞬間ってあるじゃないですか、その、「クイーンのはい、ここ!」が、とりあえず私とは合致してなかったなぁ、と思いました。
フレディのピアノとジョンのベースは上手かった、と思うんですけどもね。

あと単純に、音量若干低くなかったですか?

でもそれよりなによりステージでのアクションがねー、似てるのよー。笑っちゃうのよー。
フレディはもちろんだけど、ブライアンのよろめきな感じとか(コーラスにぎりぎり間に合う感じとか!笑)、ジョンの我が道行ってる感じとか!

目を奪われるから、実は音はそれほど気にならない(笑)。それもどうなんだ。
でもロジャーはあの「っふんっ!」という感じをもう少し練習してください(笑)。

きっちりとお約束もこなされてて、観ていて聴いていて歌っていて(笑)本当に楽しかったです。「Break Free」のフレ子キターーーー!「Big Spender」脱いだーーーー!白マントひるがえったーーーー!王冠キターーーー!みたいな(笑)。
あと、忘れちゃいけないジョンの Ezequiel Tibaldo さんの黄色い短パン!

20170920_01

あ、今書いてて思ったんですけど、この God Save The Queen(Dios Salve a la Reina)って、そういうお約束の「予定調和」と、先が読めない「意外性」が、うまいこと共存しているトリビュートバンドだな、ということなのかもしれない。

だから、2時間きっちり持たせられるのかもしれないなぁと思いました。

まあなにしろ「Love Of My Life」は大合唱したし、おらいおらーい♪もやったし、GA GAのハンドクラップもばっちりだし、

よし!やりたいことは全部やって来たぞ!

という、この満足感。これぞまさにトリビュート、という感じです。

https://youtu.be/pZaN4Zq2qVA

あと、特筆すべきは「チャンピオン」やって、テープの「God Save The Queen」まで流してから、それからアンコールに応えてくれたこと。わお!マジで!って感じ。

せっかく日本まで来てくださったのだから、彼ら God Save The Queen さんたちもオーディエンスと同じように楽しんで、「もっとやりたい」と、思ってくれたのなら、嬉しいな。

20170920_05

今回初来日ということで、正直こっちも「どんな感じだろ」と若干様子を窺ってた部分もあったと思うので、またぜひちょくちょく来ていただいて、おなじみのお約束に、ぜひどんどん拍車を掛けたいものだと思いました!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年9月23日 (土)

「Freddie For A Day」報告会

Ffad2017_01

はい!QAL武道館1周年だというのに時系列無視して9月5日、ハードロックカフェで開催された、フレディ・マーキュリーお誕生日記念「Freddie For A Day」報告会でーす!空気?読みませーん!

結論から言うと、こちらの記事で凛々さんがFacebookの告知を元に立てた一覧は、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/frddie-for-a-da.html

なんか微妙に外れていたのでありました!(笑)

バーガー系にヒゲピックがあったのは、どうやら東京(六本木)と大阪だけだった模様?
そしてOLD TOM GINベースのスペシャルカクテルは、なんと東京だけ!
他の店舗さんは、フレディのジャケットをイメージしたイエローのショットカクテルだったようです。

Ffad2017_03

これね。

終わった後までも「模様」とかいう曖昧な表現なのは、ユニバーサル大阪と福岡が不明だからです!(笑)…ま、いーか!

凛々さんは平日だったこともあって、仕事帰りに帰宅に便利な横浜店にお邪魔しました。
平日の夜遊びが厳しいお年頃でのう…ごほごほ。

7時半くらいに入店しましたらいきなり襲い掛かって来る「モントリオール81」!
う、うお…あの妙に生々しいフレディがモニターの数だけあっちにもこっちにも!どどど、どのフレディを観ればいいのだ。

Queen2

席に座って早々に、「ヒゲピックバーガーとスペシャルカクテルは東京のみ」と告げられがびーんとショック。
横浜はショットカクテルになりますとのことで、それを注文すると、例のFFADステッカーを付けてくれました(上の写真ね)。

スベリーさんのパフォーマンスは、前半は、ライブエイドフレディのコスプレの横浜店店長さんとのトークショーで、元々吉本の「こんにちは計画杉田先生」が、なにゆえフレディコスのスベリー・マーキュリーさんに変身したかというお話。

なんと東日本大震災で被害を受けた宮古市のお祭りが、震災後、再開するということで呼ばれ、「東北の人は物まねが好きなので、何か物まねをやってくれ」と頼まれてフレディをやったら(…いや、そもそもなぜそこでフレディが出て来た)がっつんがっつんとウケてしまったのがきっかけ、なんだそうです。

簡潔に言うと、東日本大震災のせいですね!(…簡潔に言い過ぎです)

凛々さんご存知の通りとーほぐは宮城の出身ですが…あの震災後の慰問がきっかけだった、っていうのは個人的にちょっと嬉しいお話でした、ありがとうございます、スベリーさん。

Ffad2017_04

写真ボケボケですいません。
スベリーさんは胸毛が自前なのが評価できると思います。なんの評価だ。

後半は、お手製キーボードをお弁当売り掛けして(笑)、「I Was Born To Love You」の当て振りパフォーマンス。
一応カメラは構えたんですけど、動きが激しすぎて残像しか写ってませんでした(笑)。

どーでもいいんですが、「右手でパーで、左手でパーで、Bohemian Rhapsody」のスベリー体操を何も知らないイタイケなお子様にやらそうとしても難しいかと存じます。

スベリーさん曰く、「こんなに反応が暖かかったのは初めて」
そりゃそーだべ!ネタが細かすぎてクイーンファンにしか通じないもん!

楽しいパフォーマンスでしたが、ちょっと時間的に短かったかなぁ。とりあえず、スベリーさんが凄くいい人なのは判った!
ライブの後は、クイーンファンと思しき方々(そうでない普通のお客さんと、半々くらいだった?)と、写真撮影や歓談などしていらっしゃいました。

スベリーさん、ありがとうございました!

店内に、チャリティの募金箱などはなかったと思うのですが、見落としたのかな…去年はフレディの看板などもあったので、それに比べるとちょっと寂しかったけど、店長さんのコスプレの他、店員のみなさんもクイーンのTシャツを着たりヒゲ付きだったり、ヒゲ付きの黄色い風船が舞っていたりと、盛り上げてくださっていました。

さて、拍手コメントの方には皆様からのイベント報告もお寄せいただいています!
他のお店はどんな感じだったでしょうか!


【東京】

●六本木は、ご存じGueenの波多江さん、モーガン竹中さん、スパイク山田さんの生演奏ライブでした。
およそ20分・・波多江さんの衣装は、Hot Space Tour だと思います。矢印衣装です。

Crazy Little Thing Called Love
Love of my life
We Will Rock You
We Are the Champions

あと1曲ぐらい歌っていただいたかもしれないのですが、定かではありません。

いつもWe Are the Champions でずっこけるお決まりシーンがあるのですが、今回もしてくれました。ありがとGueen選抜メンバー 来年の誕生日もよろしくね。

あっという間に楽しい時間は過ぎ去ってしまい、Guune選抜がいなくなったあと、ウエンヴリーの衣装のコスプレの方のパフォーマンスで再度もりあがりました。
名前存じません…
フレディカクテルを飲んで募金したことになるのかな?

by じゅりあんさん

●ハードロックカフェ東京楽しかったです!
席予約してなかったんですけど。モニターのよく見えるバーで、スペシャルカクテルオーダーしました。

クイーンのパワープレイタイムの後は、いよいよグイーンのライブ。
アコースティックギターとキーボード、ボーカルの三人編成でした。
CLTCL, DSMN, LOMLや、最後はWATCで盛り上がりました。

ライブ見てたら途中でツイッターと、インスタのフォロワーさんに声かけていただき、実際お会いするのは初めてですが、超盛り上がりました。

北米ツアーにいらっしゃったとういことで、ロジャーやブライアンのお宝写真見せていただいたり、私がステレオ写真用カメラを持っていたので、私と一緒に来た友達に頼んでとってもらいました。本当に楽しくかったです!

by MOMO(@zodiacaldust)さん

●9月5日六本木に行ってきました。

夕方6時前に着いた時点で既に1階の席は予約いっぱいとのことで2階席に案内されました。FLASHのTシャツを着た人が一人いただけでしたが、しばらくすると徐々に席は埋まっていきました。
QueenTシャツやバックを見に付けた人がほとんどでした。
チビフレ同伴の方もちらほらいました。チビフレを連れたお隣の席の方と少し話をすることができました。

QUEEN愛について話をしているうちに凛々さんのブログの話になり、凛々さんのブログが情報源&いつも楽しみに読んでいるという共通話題で盛り上がりました。

お店の方が「毎年フレディのお誕生日は予約でいっぱいになり、グループで来ている人達はオフ会のような感じで、イベントのかなり前には到着しておしゃべりしながら飲み始め、楽しみながら過ごしているようです」と言っていました。

スペシャルカクテルは、フレディが猫好きなのでそれにちなんで作ったものだと説明してくれました。そんな情報を元にカクテルを用意してくれるなんて嬉しいですよね。甘くて爽やかな味で美味しかったです。

ハンバーガーを注文してひげピックをゲット!途中店員さんがひげステッカーを持って来てくれました。「フレディの話でノリノリの方へ」と言って(笑)コスフレをしていなくても、フレディのことを偲んで楽しんでいるように見える人?に渡してくれているようでした。

イベント前に帰らなくてはいけなかったのですが、私がいる間はQUEENの曲はかからずちょっと残念でした。

帰りがけ1階のカウンターでイエロ-ジャケットを着たウエンブリー姿のフレディのコスプレをした方がいらしたので一緒に写真を撮らせてもらいました。波多江さんかと思ったらファン?の方のようでした!

普段会うことができないクイーンファンが集まることができる場として毎年イベントを開催してくださるハードロックカフェさんに感謝です。来年はぜひバッチ復活を希望します!楽しかった!!

by MeYouKeyさん


【上野駅東京】

●お昼ですけど、上野店に行きました。

私のいる間に連続してQueenもかかっていましたし、店員さんにフレディの件で来たことを伝えると貸し出しのヒゲも持って来て下さいました。
カクテルでステッカー(コスフレしなくてok!w)、ハンバーガーにヒゲピックで、こじんまりと写真を撮りつつお祝いしました。

私が行った時は他のフレディバースデー目当ての方はいなかったように思いますー。去年みたくパネルがあったり、ピンバッジの販売が復活してくれると良いなぁと…

by Sigludさん


【横浜】

●昨夜はHRC横浜へ行ってまいりました。
凛々さんも横浜に行かれたのですよね!?

横浜はひげピックが無くてさみしかった…。それに限定カクテルも去年までのようなショットグラスでの1種類のみ。でも、柑橘系の濃厚な味で美味しかった!!色もどちらかと言うと黄色で…フレディ・イエローを意識してくれたのかな?

そしてスベリーさんの登場。「右手でパーで、左手でパーで、Bohemian Rhapsody!!」のネタは私のツボを突きまくったようで笑いが止まらず、その後のネタは殆ど覚えてない状況です…。

そして、お店の方に聞いた話。
去年あった髭のシール、今年はヨーロッパのHRCに全部買い占められたそうです。日本が買える分はどこ探してもなかった、と。なのでカクテルに付けたシールを作ったそうです。

やっぱりツアー前なので気合入ってるんでしょうね!!

by cheekoさん

●今年も昨年同様ダイヤタイツで単身横浜に行って参りました。

情報にあった、ハンバーガーにつくヒゲデザインの楊枝は他店仕様とのことで諦めた所…
注文のランチと記念ステッカーつきカクテルとともに割りばしサイズの大きなデザインヒゲが撮影にどうぞ…と運ばれてきて大喜びでした。お借りしておおいに撮影させてもらいました。

更に夜の出演を控えたスベリーさんがすでにフレディ正装で現れ、その横にはこれまたタンクトップフレディ姿のお店の方というこの日ならではの空間に居合わせることができました。

今年はピンも募金箱も単独看板もなく…、お店の方と昨年は70というきりのよさ?もあったのかだいぶ盛り上がったそうでその反動?なんですかね~?…などと話していました。

今年は全く予想外の、私にとってほとんどお初の交流めいたものも体験でき、皆さんのご親切ありがたかったです。
フレディお誕生日おめでとうございます?

追伸1ジャズとホットスペースカラーのネイル(雑)をしていったのですが誰にも気づかれませんでした。
追伸2スベリーさんの髪型、ヒゲ、胸毛ともに自前なんだそうです。

by 名無しさん


【大阪】

●大阪行ってきました。
スペシャルカクテルはショットグラスサイズでジンベースで5種類。
ノンアルコール2種類。
ステッカーもらえました。

ヒゲピックはランチじゃないほうのメニューからバーガーかサンドイッチを注文したらつけてくれます。
と言われたのについてなかったので、言うてみたらつけてくれて、もう一つオマケしてもらえました♪

ということで、大阪はステッカーもヒゲピックも有りでした。
夜行かれる方、楽しんできてください。

by やまももさん

●HRC大阪店より
フレディ!71才のお誕生日おめでとう!

なかなか告知がなく、今年は自主トレかと心配しておりました大阪ですが、皆さんでお祝いできました。

オリジナルカクテルでステッカー、バーガーでピックもいただきました。
店員さんもおひげ♪自毛おひげの男性店員さんは、「今日に寄せてきました!」とのこと。同年代の店長様にも「今後ともよろしく」とご挨拶してきましたので(笑)
店内ではお誕生日もグループが3組も!一緒にお祝いでしたね。

自主製作の”ARE YOU READY FREDDIE”バッジとお手製バナナのエール交換まで♪
フレディのおかげで楽しい夜になりました。

by フレコさん

 ☆   ☆

レポートくださったみなさま、本当にありがとうございました!
みなさまのおかげで、遠方でなかなかハードロックカフェ店舗まで行けないクイーンファン、フレディファンのみなさまにも、雰囲気の一端なりと味わっていただけたのではないかと思います。

冒頭でも申しました通り、ユニバーサル大阪と福岡のレポがなかったのが残念ですが、きっとそれぞれにフレディのお誕生日をお祝いしたことと思います!

また来年も、再来年も、ずっとずっと、毎年フレディのお誕生日を、こうしてみんなでお祝いできたらいいなぁ、と願っています。
ハードロックカフェさん、どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。

余談ですが、凛々さんHRC横浜でなにやらサンドウィッチの一種(笑)を頼んだのですが

Ffad2017_05

…これがあまりにボリューミーで…食べきれず…周囲の目を盗んで備え付けのナプキンにサンドウィッチ半分をささっと丸めてささっとバッグに隠し帰ったことをここに懺悔いたします。
おばちゃん丸出しでーす。残せないんだ…出されたものはもれなく食べる家訓なんだ…

翌日の朝ご飯に美味しくいただいたことは言うまでもございません。
…欧米人の食う量には適わないわ、と実感するお年頃でもあったのでした。

フレディ、はぴば!また来年!

そして来年は、チャリティ・ピン復活希望!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年6月11日 (日)

「QUEEN in 3-D」発売記念イベント

こちらの記事でご紹介した、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/queen-in-3-d-ba.html

「『QUEEN in 3-D』発売記念・東郷かおる子×川原真理子トークショー」(が正式名称でいいのか?)に行ってまいりました。

いやー実は天気予報の段階で、東京最高気温32度とか言ってたので自分的には暑さ対策万全で臨んだつもりだったんですが大敗北したのはまた別のハナシ。

小川町の駅からシンコーミュージックのビルに向かったところ、入り口が更に裏?にあって、案内表示の張り紙がなかったらたぶんちょっと判らなかった入口。

Dscn0297

入ってすぐびっくりしたんですが、前回の記事でご紹介したアルゼンチンのクイーン・トリビュートバンド、「God Save The Queen」のチラシが山のようにありまして。

Dscn0306

前回の記事で凛々さん「招聘元はサンライズプロモーション東京」とか書いてますが、チラシ見ると、招聘元はエイベックス・エンターテインメイト、主催がサンライズプロモーション東京で、シンコーミュージックも協力しているようです。謹んで訂正いたします。

企画制作エイベックスなんだ!シンコーミュージック協力なんだ!じゃあもっと盛り上げて来るかしら?これから。

トークショーの司会進行だった石角隆行さんもカラんでいるようで、イベントの最後に宣伝なさってたんですが、それによると彼ら「God Save The Queen」は前から日本に来たがっていたそうで、あら!そう聞くとぐっと親近感が増しますよね。

世界的には日本自体が「クイーンの聖地」的な感じもあるもんなー。誰か、会場の中野サンプラザはロジャー・テイラーもソロツアーでライブやってます、と彼らに教えてあげてください!きっと喜ぶ。
迷ってたけどやっぱ行ってみようかなー。

閑話休題。

入場者には、6種類あったクイーンポストカードのうちから2枚、好きなものを選んでプレゼントされました。
…あ、6種類の写真を撮ってない!これこれの中から、って紹介したかった、ダメじゃん、すいません。

Dscn0309

全員集合写真と、フレディのお尻を選んだところがさすが自分だと自分でも思います。
下の小さいのは今回のチケット半券です。

会場は狭かったです。うん、これは30名だ(笑)。この反対側に展示ね。

Dscn0300

こんな感じ。

Dscn0298

床が白黒の市松模様であることに、写真見て初めて気が付いた(笑)。

展示物は、3-D本以外はなにしろ今までの蓄積がありますから、シンコーミュージックは。この程度の展示なら即日でセッティングできますよね(笑)。

Dscn0301

Dscn0302

Dscn0303

で、東郷かおる子さんと川原真理子さんのトークショーですが。

はい、これ。例によってどこかから怒られたら消えますのでご了承ください。

https://soundcloud.com/user-874550754/queen-in-3-d-jun102017

凛々さん個人的に思うんですけど、東郷さんのトークって、すでに一種の「伝統芸」になっている気がします。

ほら、古典落語って「下げ」を知っていても笑えるじゃないですか。アレとおんなじで、初取材のロジャーのハナシとか、リッジファームのハナシとか、ファンはもうさすがに何度も聞いてるんだけど、やっぱりおんなじとこで、はいここで笑えます、みたいなね。そういうとこがね。うまいなと思います。

一方の川原さんはトーク百戦錬磨の東郷さんがうまいので相対的におとなしめに見えました。相対的にね(笑)。
3-D本イベントだったのでもうちょっと本についての話題が多くても良かったかな?とは思います。司会の石角さんは、話題にする予定の本の該当ページにはあらかじめ付箋紙貼っとくべき!(笑)

ブライアンファンという川原さん、とても感じのいい方で、ブライアンのファンで3-D本の解説書けて、嬉しかっただろうな、と想像してほのぼのしました。
来日時の通訳とかもなさってたそうなのでまだまだ笑える楽しいネタをお持ちの予感がします!なんで笑えること前提なんだ自分!

こじんまりほのぼのしたイベントでした。あ、男女比は 0.1:9.9 くらいの女性圧倒でした(ちょっと大袈裟)。ついでに言えばリアルタイム世代が多かったかな。

シンコーミュージックさん、企画してくださってありがとうございました。
今後とも、クイーンをどうぞどうぞよろしくお願いいたします。

余談ですが、シンコーミュージックビル(左側の黒いビル)の隣にあった建物。この看板で男性用洋装店。

Dscn0296

こ、これは思わずシャッター切る。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2017年2月19日 (日)

【ザ・ストラッツ】アコーステイック・ライブレポ、の本編

20170214

はい!長い前説を経て本編です!

ストラッツのアコースティックライブに応募するためには、「エヴリバディ・ウォンツ Everybody Wants」日本盤を購入して、写真をSNSに上げなければならない!

ふっふっふ、凛々さん「エヴリバディ・ウォンツ」日本盤は、この記事

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-c5fa.html

を書いた12月にはユニバーサルジャパン公式で満を持して予約しておりました!だから発売日には発送されるはず。
やっぱ売れてるとこアピールするなら公式っすよ!

http://www.universal-music.co.jp/the-struts/products/uics-1321/

ところが某佐川さんがなかなか来てくれなくて、受け取れたのは4日の夜!

慌てて応募しましたがチビフレが効いたのか神(胸毛持ち)の思し召しか、めでたく当選することが出来ました!
ああ、神様ほんとにありがとう!胸毛持ちの守護神最強ーーー!

ライブは2月14日のバレンタインデー。会場は六本木ヒルズ森タワー29階の、「YouTube Space Tokyo」です。

TOKYOの夜景が一望できる素敵なロケーション。
会場にはバレンタインデーというイベントをぶっちぎって来た、後でパートナーへのフォローが大変なんじゃないかと思われる35人!(30人の予定を増やしてくださったそうです!)

で、なにしろ Youtube のスタジオです。思いっきしカメラスタンバイです。

なんと、このアコースティックライブの模様は、後日 Youtube に公式にアップされるとのこと!楽しみですね!

セットリストは

1:キス・ディス Kiss This

2:クッド・ハヴ・ビーン・ミー Could Have Been Me

3:プット・ユア・マネー・オン・ミー Put Your Money On Me

4:ホエア・ディド・シー・ゴー Where Did She Go

の4曲に、インタビューコーナーもありました。

ギターぎゅーん!ドラムじゃーーん!のロックンロールライブではないので、ボーカルのルーク・スピラーの歌い方も、喉を絞るようなロックなシャウトは少なくて、じっくり丁寧に聴かせる歌い方(でもシンガロンはさせる・笑)。

ルークの強味であるあの声質の良さ、あのびわびわと響く、響きのいい声質と、ちょっとかすれるような切ない声。それがじっくりしみじみと耳に届きます。

また、ギターのアダム・スラックの、アコースティックギターのうまさ!演奏技術がしっかりしてるから、アコースティックライブでもまったく音がショボくないです。

そして、アダムとベースのジェド・エリオットのコーラスの美しさも、アコースティックライブだと一層際立ちます。
基本的にクイーンファンはコーラスにはちょっとウルサイんですが(笑)、ストラッツはライブでも綺麗なハーモニーを聞かせてくれるバンドだと思います。

ドラムのゲシン・デイヴィスはちょっと大人しい印象でしたが、3曲目の「Put Your Money On Me」の出だしで「いち、にぃ、さん、しぃ」と日本語で拍子を取って、会場を沸かせました。

20170214_03

各曲の合間合間には、ルークが軽いMC。「今セカンドアルバム作ってるよ」とか、「美しい街、素晴らしいみんな、ほんとにありがとう、Daisuki」とか、とにかく「See you very soon」と何回も言ってくれました。

凛々さん、本公演の方を泣く泣く諦めていただけに、本当にもう嬉しくて楽しくて、プレイの数々が心に響いて…

最後にはメンバーとの集合写真をパチリ。後日、メールで写真が届きました。
一応プライバシーには配慮して、メンバーのとこだけ切り取ってアップしますね。

20170214_05

そしてライブが終了し、退出はなんと4人と直にハイタッチでお別れ!という凄いイベントがあったのですが、結果的にハイタッチなんか、誰もしてねぇ(笑)。

始まってすぐ、大ハグ大会になってしまいました。たぶん犯人は先頭にいたルークに違いない。並びはルーク、アダム、ジェド、ゲシンの順。

ああああ、ルークの、これが同じ人類とは信じられない恐ろしく小さい顔、綺麗な瞳と鼻ピアスが凛々さんの目の前10センチに!ああああ!


はぐっ


心肺停止。

って、のんびり死亡してる場合じゃなかった、次にはアダムが、ジェドが、ゲシンが!

なにこの酒池肉林状態!

ああもう、ほんとごめんなさいごめんなさい、こんなおばちゃんハグさせちゃって、ほんと申し訳ない。
頭真っ白で、何も言えなくて結局「ありがとう」しか伝えられませんでした。

バレンタインデーにルークにハグしてもらった!もう、これは一生の思い出だわ。バレンタインデーが来るたんびに胸ときめかすわ。

これからストラッツがどんどんビッグになって、世界中の人気者になって、あと20年くらいしたら、「私、昔ルークとハグしたことあるのよ…」と遠い目をして自慢したい、いや、する(笑)。

だからザ・ストラッツ、これからどんどんビッグになって、もっと大勢の人たちを幸せにしてね。
次の来日には、椅子のある会場でライブが出来るくらいにね。そして体の不自由な人も、気兼ねなくライブを楽しめるくらいに、もっともっと、大きくなってね。

若手ロックバンドの旗手、ザ・ストラッツ The Struts の生末を、これから本当に楽しみにしています。ありがとうございました。

http://www.universal-music.co.jp/the-struts/

Dscn0434

なんと7/1追記。

はい、やっとやっと、当日のライブがYoutubeにアップされました。って半年後かい!
ぎゃー!ルークの生巻き舌!ぎゃー!ジェドの投げキッス!
心持ちゆっくりとしゃべってくれるルークのMCも注目。

歓声や拍手が少なく感じるかもしれませんが、なにしろ35人しかいないからね…

この時点では、まさか2年連続でサマソニに来るとはつゆ知らず。ああもう、ほんとに「See you very soon」だったわけね。

どうせならついでに単独公演もやってってくれてよろしいのよ。今度はもっと大きな会場でねー。おば…おねーさんのために、ぜひ椅子付きで!

https://youtu.be/vI07_wuJbOA


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年12月26日 (月)

2016年の痛恨の反省

2016年はみんなが待ってたクイーン+アダム・ランバート単独来日公演が実現した、記念すべき年でしたね。

来日があったので、なんだかその他の上映会などのイベントも多かった気がします。
先日思いついて、今年行ったイベントのチケットを、並べてみました。

(バーコードにどれだけの個人情報が入っているのかよく知らないのですが、とりあえず消してみました)

Dscn0372

左の列

・クイーン+アダム・ランバート武道館公演3日分(9/21~9/23)

・「CINE ROCK FESTIVAL 2016」の「モントリオール1981」(7/30)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/1981-in-3e2e.html

真ん中の列

・「フレディ・マーキュリー生誕70年 The Queen Day」(4/16)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/70the-queen-day.html

・「ライヴ・イン・ジャパン サマーソニック2014」チャリティ上映会(11/24)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post.html

・「ハンガリアン・ラプソディ爆音上映会 」(9/2)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/92-c05e.html

右の列

・「ボヘミアの夜 爆音上映」(4/11)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-5997.html

・「クイーン|ボヘミアの夜」アンコール上映会(9/12)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post.html

・アダム・ランバート「オリジナル・ハイ・ツアー」(1/8)

ぜえぜえ、以上かな?これだけかな?
さすがの凛々さんも、全部のイベントに行けるわけではないので、たとえばONKYOさんの試聴会イベントなんかは行けませんでした。1回くらい行きたかったんだけどなぁ。

こうしてみると、来日公演は別として、4月の「QUEEN DAY」前後と、9月のフレディ・マーキュリー生誕祭の前後、それに11月のフレディのメモリアルデー前後に、クイーン関係イベントの三大「山場」があることが判りますね。

来年も、それ以降も、このくらい「お祭り」があるといいですね!

それにはやはり、「クイーン関係のイベントはペイできる」とイベント主催側に認識していただかなければなりません。…主催側がどんだけあるのかは判りませんが(笑)。
ああ、まさに参加することに意義がある。

…それと、本人重々判ってはいるのですが、QAL武道館公演のイベントレポートが、まだありません(笑…いや笑ってはいけない)。ナニゲに今年一番の反省。

なんでしょうかね、ちょっとした合間にちょいちょいと書く、ということが出来なくてね、あまりにも心を波立たせることが多すぎて、「これは時間を取って腰を据えて書こう」とか思っている間に、時間が経ってしまっています。

実はおんなじことが前にもありまして、あのロンドンオリンピックの時ね。

あの時、開会式の感想記事は書いたのに、肝心の閉会式の記事が、あの、フレディが降臨した閉会式の記事が、ありません。
…書けませんでした。

胸に抱える想いが多すぎると、こみ上げるものが多すぎると、書くのに覚悟がいる、のかもしれないなぁ、などと、言い訳します、すいません。
そんなに大袈裟に考えなくてもいいのにねぇ、私ってば。ほら、根が真面目なもんだから(…はい?)

少し時間を置いた今なら、落ち着いて書けるのかなぁ…とぼんやり思っているのですが、でも今さらなぁ(と、オリンピックの時も思って現在に至る)。

首都圏以外の方で、イベントがあるからとて簡単に参加できない方々のためにも、イベントレポートは「こんなだったよー」とご報告のために、ちゃんと書きたいのですけどね。

と、年末にあたり、今年の反省をする凛々さんです。

あと、これは個人的な反省なのですが、実は凛々さん年始の「1年の目標」が

今年はなるべく、「今日中」に寝よう!

だったんです(笑)。はい、達成してません。ぜーんぜん達成してません。ダメじゃん。
ということで、来年の努力目標も引き続き、「なるべく今日中に寝よう」にすることにします…もう若くないんだからさぁ…ごほごほ。

とにかく、楽しい1年でした。いろいろなことを反省していろいろなことに感謝する、寒い夜です。

1228


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年11月26日 (土)

「QALサマソニ2014」先行上映会

Queenfreddiemercury

はい、ツイッターでお約束しました通り、フレディ・マーキュリーメモリアル記念の壁紙プレゼント!ツイッターにアップしたのは1200px×675pxで、これはサイズ1600×900です。ご都合のいい方をお使いください♪

ついでに1366×768のものも。

1366x768_queen

実際に壁紙に使いますと、

Dscn0361

こうなります。

001

さて、11月24日、凛々さんは仕事帰りに横浜ブルク13で

クイーン+アダム・ランバート

『ライヴ・イン・ジャパン サマーソニック2014』

一夜限りの先行プレミア・チャリティー上映会(長い)

を鑑賞させていただきました!
新宿と迷ったんですけど、帰りの足が横浜の方が便利なんだ…だって翌日も仕事の平日なんだ…

後から聞いた話では、新宿の方ではおなじみ Eagle Rock Entertainment

Logotitle

の方が来日、今回の映像について説明してくださったとか!まあうらやましい。

横浜なんて、無言で始まり無言で終わりましたよ(笑)。たぶん梅田名古屋も同じなのでは?

それどころか、チラシとかポスターとか、案内のたぐいさえ一切ないので、せっかくデジカメ持って行っても撮るものが何もありませんでした。ちょっと悲しい。
ワードレコーズさん大変なのは判るけど、案内板くらい、欲しかったです。

で、映像の方なんですけど、これはもう、本当に素晴らしい!
撮影は WOWOW 関係なんでしょうかね?
ブライアン、ロジャー、アダムの顔の表情、細かい仕草など、見たいところを見事にズームアップしてくれます。カメラワークがちょっと忙しすぎたくらい、いろいろ見せてくれます。

オーディエンスもものすごく映ってます。もしかして「私、映ってました!」という方もいらっしゃるかもしれませんよ。
サマソニだからみんながみんな、コアなクイーンファンというわけでもないだろうに、この反応の素晴らしさはどうだろう。
こらこらそこでタオルに埋もれて号泣してる若者!うっかりうるっともらい泣きしそうだったじゃないか!
あー、これはブライアン&ロジャー、感激するわ。こんなに泣くほど喜んでもらえるなんて…

すでに WOWOW で放送済の曲についても、カット割りが少し違ってました。あと、音も、ちょっといじってると思う。聞こえなかった音が聞こえてます(笑)。

上映会では日本語字幕がなかったんですが、製品には切り替え付いてるんでしょうね?付いてね。

みんな汗だくなのに(あの日暑かったから…遠い目)、なんだかにこにこ楽しそうで、特に驚いたのがロジャーなんですが!改めてなんなんだこの可愛いジさまは!

定位置がステージ奥なので当日は気が付かなかったんですが、アップで見るとなんか凄い楽しそうでノリノリでにこにこで、すんごいご機嫌だったんですよ。やだもう、そうだったの?
最後なんかは上半身汗でずぶ濡れでシャツが透けてるんですけどね。あ、そこも見どころと言えば見どころ(笑)。

曲のタイミングをつかむアイコンタクト、そうそう、これこれ、クイーンの醍醐味。
演奏しながら、アダムを嬉しそうに見守る御大ふたり。
そしてそれに応えて元気いっぱい頑張るアダム。

ああ、いいもん見た。

ただまあ、サマソニ当日は号泣するので忙しくて

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/817---8166.html

気が付いてなかったんですが、こうして改めて見ると、アダムさんの聴かせどころであるしっとりバラード調の曲が、ほとんどなかったんだなぁと。
そこは残念ですよね。アダムはもっともっといいのに!と謎の悔しさがこみ上げる。

たぶん武道館でサマソニからさらに進化したアダムを、すでに観ちゃったからなんでしょうね。サマソニの時だって、「アダム素晴らしい!」と感激したハズなのにね。

フェス用のコンパクト版セットリストだったので仕方がないのですが、

(サマソニ東京のセットリストはこちら)
http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2014ASIAsetlist.html

世界発売するのをためらう理由にはフルコンサートじゃないことも、やっぱりあるのかなぁと思いました。

あと、アダムがあまりにもどんどこ進化し続けるので、昨日よりも確実に今日がいいので、御大たち、どこで切り取って発売していいのか、悩んでいる、とか、ありえなくはない。

ノリのいい曲ばかりでとんとんとーんと進むので、良く言えばとてもスピーディでイキオイのあるライブ映像です。曲のあいまの「間」もずいぶんと短くしてあるし。
欠点は、やはり食い足りない。ああああ、フルライブ、カモン。

さすがに今日は泣かないだろ、と思っていた凛々さんですが、クイーン泣かせ三部作、「手をとりあって Teo Torriatte」「ラブ・オブ・マイ・ライフ Love Of My Life」「輝ける日々 These Are The Days Of Our Lives」で正直、危なかったわ!

でも、凛々さんが泣くよりも早く、隣の席の方がぐずっと鼻をすすって涙をぬぐったので、危うく踏みとどまりましたよ。ち、出遅れたぜ。

終始大人しく鑑賞していた横浜の客席も、上映の最後には拍手、拍手。
最後が花火で終わるの、いいよね。余韻があって。

先行上映会の前日には、英公式様がこの「Live In Japan」のトレーラーを、公式チャンネルにアップしています。

https://youtu.be/WisbTIZUznA

なお、このトレーラーの陰の注目どころは、「なんで世界発売しないのか理解できない!」という、各国ファンの怨嗟の声が渦巻くコメント欄だと思われます。

よもやいないと思うけど、もしこの「クイーン+アダム・ランバート ライヴ・イン・ジャパン サマーソニック2014」を買うことをまだ迷っている人がいたら、世界中のファンに申し訳ないのでぜひ買いましょう。

http://wardrecords.com/QueenLiveInJapan/

日本で大爆発すれば、世界発売にも弾みがつくかもしれませんし!
ほら、「次につなげる」の大事!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●松島町ふるさと納税

Matsushimatown_bnr_190_100

http://www.citydo.com/furusato/official/miyagi/matsushima/

松島産牡蠣・ササニシキなど、町の特産品が特典に!

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年10月 4日 (火)

クイーン+アダム・ランバート武道館公演、みなさまからのコメント

001

へーい、みんなロスってるかーい!

ということで、生涯一度のQ月が無事終了し、明るく燃えカス状態の凛々さんですが、あんまり間を置いてもいけないのでまずは拍手コメントにいただいた、皆様のQALコメントをご紹介いたしますね。

●9月21日

武道館行ってきました。
開演前にドライアイスを焚いたら一部の客に集中砲火になっちゃったり、オープニングで博士がこけちゃったりハプニングが色々あって楽しかったです。

明日、明後日行く方にお願いしたいのは
手をとりあって は、歌詞を暗譜したほうがよいです。歌詞があやしい人を博士は薄々気付いていたかもしれません。

素晴らしいライブでした。
ジョンがいたらもっと良かったのにとも思いました。

 by 名無しさん

凛々さんは、3連チャンですか??凄い?私も行きたい(^^;;あと2回!

手を取りあっても、らぶゆ?(^-^)もやりましたね?\(//∇//)\

物品の販売が物凄い事になってても見るのも諦めました…外で売ってる非公式売店も結構気になっちゃう、、買わなかったけど、、イヤ買えなかった、、チケットに40000円出したからもう買えなかった、、明後日、物品の販売見るだけ見にいこうかな(・・;)

 by おーちゃんさん



●9月22日

1階真正面で見ることができました。10回外れたのは、この席に決まるためだったのね、髭の神様ありがとうと大感激。

ドクターブライアンメイにはperfectとほめていただいた、女性合唱のようなlove of my lifeも体験でき本当に嬉しかった。

来年QALやるんでしょうか?やるならワールドツアーに参加して、他の国のクイーンファンとwe are the championsやwe will rock youを歌いたいと今日決めました。どうやるかまったくわかりませんが、1年方法は調べられる気がする。

英語頑張ります。ワールドツアー行けたら、いつものお返しにレポートを送りたいです。

 by 名無しさん

凛々さん!武道館2日目参加しました!2階真横でしたが、カーテンが透けていて、ロジャーもルーファスも見えました!おまけにスクリーンも2階にありましたよ!だからもう嬉しくて嬉しくて(笑)

行くのをやめようかと何度も思いましたが、諦めなくて本当に良かったです!凛々さんにお会いできたら、直接日頃の感謝の気持ちをお伝えしたかったのですが、見つけることができませんでした(残念)

東京ってホントに大都会ですねェ。高校の修学旅行以来です(笑)
同行の主人共々、初武道館。北九州から新幹線で一泊旅行でした。23日も行きたかった!

 by グランマさん

おはようございます。武道館公演終わってしまいましたね。
ちょっと寂しい。私は2日目9/22観に行きました(≧▽≦)

アダムちゃんほんとカワイイし、歌めっちゃくっちゃうまいし、言う事なし!!
ブライアン爺とロジャー爺がいきいきしていて、アダムちゃんがいてくれたからこそなんだなと。

ルーファスさん、ニールさん、スパイクさんをこの目で見れた事も収穫です。
皆さんあってのQUEEN+Adam Lambert ですもの。また日本に来てくれることを願って…

 by たけこさん

私は22日だけでしたが本当に最高のライブでした。改めて、Queenとアダムが好きになりました。

我が家の娘、お付きで行ったのですが
最後は、ロジャーの息子にヤバイ、イケメンの連呼でした(笑)
ファンがまた、増える予感がしました。

 by あつこさん

今回のQALの来日コンサート、凛々さんは3日間行かれたんですね。
私は9/22だけでした。1日だけでしたけど、もう大満足です♪

台風のおかげで直前まで気を揉みましたが(QAL来日&私の上京)、皆の熱気で向こうに追いやれましたよね。
私は新米ファンなのでアダムさんは初体験でした。先入観無しに見たかったので動画も見ませんでした。

そして最初の一聴で、フレディじゃないクイーンに対する私の不安はどこか彼方へ吹っ飛びました。

アダムさん、いい!!

噂に違わぬ圧巻の歌唱力にただただ脱帽。そのうえお茶目で乙女。
とても丁寧に歌っていた様に感じました。あのステージを見て批判する人なんていませんよね。

アダムがクイーンを尊敬している事、お二人もアダムをとても大事にしている事が分かり、なんだか暖かい気持ちになりました。

リブフォーエバー時のミラーボールくるくるは、あの渦に巻き込まれそうになり危ないので座りました。

博士と一緒に歌い、ロジャーの格好良さを堪能し(あ、じさまステップも!)夢の様なコンサートでした。DVD楽しみですね!

 by ケリーさん



●9月23日

凛々さんこんにちは。私は三日目に行って来ました。

私はアダムがあまり好きでは無かったのですが、今回のライヴでアダムのかわいい一面を知ったり映像では判らない凄さを知って少し好きになりました。

Queenメンバーの名前さえ知らない母親もついてきたのですが、ライヴが終わった後私より興奮していて(アダム音外さんでスゲーとか、楽器の人も歌超上手いとか、楽器の演奏一流過ぎるとか言ってました)帰ってからyoutubeを漁ってたらしいです。youtubeなんて使わない人なので余程ハマったぽいです。また行きたいとかも言ってました。

一夜でファンを増やしてしまう素晴らしいライヴに行けたことを幸福に思いますし、情報通の凛々さんがいなければ武道館には行けて無かったので本当に感謝しています。では失礼します。

 by 八木さん

私は23日に参戦しました。
素晴らしかった!! 行って良かった…!
国境を越えて参戦したいくらいです。

号泣予想でポケットにティッシュをしのばせていましたが、目にも耳にも美しい時間に、使う機会ナシでした。
今日,upされている音を聴いてぼろぼろ泣いた始末でした。

「フレディは一緒にいたよ」のツイートを幾つか眼にして、思い出しました。

ライブの途中で、左側から引っ張られたんです、2回ほど。おもわずふりむきました。
自分の右隣りは通路でしたのでそちらへ少しよっていて、左隣の方とは少し離れていたし、周囲にそういう事しそうな人はいない(ノリノリでしたからー)。

気のせい、と思ってました。
が、きっと 日本大好きのあの方がイタズラしたのね?!!

ますますステキな想い出が出来ました(と、勝手にきめる…(^_^;))
近いうちにまた来日してほしいですね!その日に備えて体力作りに励みます(*^_^*)

 by なごみやさん



●複数日、参加日不明、など

凛々さんお疲れ様です。
武道館ライブ行きました!最高でした!!
SS席後ろの方でしたがバッチリ見えました!

フレディがスクリーンに映るたびぼろ泣きしました。
一生の思い出ですね^_^

 by ゼロさん

はじめてクイーンのコンサートを見ました。
フレディとは、違うけどアダムもよいと思いました。

いろんな歌をみんなで合唱して楽しかったです。
誤解を恐れず誇張すると、歌声喫茶の高級版に感じました。
(アダムのファンのみなさんごめんなさい。意地悪な気持ちで書いたわけではありません)

 by 名無しさん

初日は結構前で 見ることができました。ブライアンやロジャーの顔の表情まで見えました。特にブライアンがギターを弾いている時の幸せそうな顔ときたら?こちらにまでその嬉しさが伝わって来ました。

ギターソロもDVDではつい飛ばしてしまうのですが(ブライアンごめんなさい)生で聴いたブライアンのギターは素敵だった。

出だしは宇宙の星の周波音?から始まって、次第に宇宙のような壮大なメロディーが広がって…感動しました。きれいだった。
2日目のサクラサクラも美しかった。ブライアンの人柄が表れている音でした。

初日3~4時頃入り口の脇でリハーサルの音を外で聞いていた時実はこのサクラサクラを聴いていたんです。馴染みのあるメロディーが聴こえてきて「サクラを演奏してくれるのかな?」と期待していたのですが、初日はやらなかったんです。で、2日目やってくれてもう感動でした。

私はクイーン歴は浅いです。でも凛々さんのブログを毎日読んでもうはまりまくりました。主人や息子とこの感動を共有できて本当に幸せです。同じ思いをした人達が集まって聴く音楽、本当にすばらしいですね。一体感が嬉しかった。

 by 大村さん

行く事を諦めないでよかった。

Teo Torriatte をフルで歌うことができてよかった("When I'm gone ~"の連で目頭が熱くなるのを抑える事が出来ませんでしたが…)

サマソニは泣く泣く行くのを諦めたイベントです。
あの明るさと幸福感に満ちたAdamさんの"Born to Love You"をYouTubeなどで拝見していましたが、これで(晴れて合法的に)いつでも聴く事が出来るのは嬉しいです。

大阪東京両日とも全編収まっているといいですね。そしてできれば、全世界で売られますように。

 by ばこつさん

God save TheQueen 凛々さんのおかげで、武道館で歌うことが出来ました。
自己満足だけど、Queenに、Adamに、そしてFreddieに、感謝の思いを伝えられた気がしました。ありがとうございました!

 by Memekoさん

Mori_rm21382_a4720x481

 ☆   ☆

みなさま、コメントいただきありがとうございました!

やはりみなさん、何度もあきらめかけたんだ、あのチケット争奪地獄に!

ほんと、あれだけはなんとかして欲しかったですよね…(って、いや、あれだけじゃないわっ!グッズの大行列と、あのくどいほどの館内撮影禁止注意!今回の三大怨!)

ほんとに、みんな、あきらめないで良かったよね…としみじみ思う秋の日です。

またのハッピーなニュースを、いつの日にかと願って。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年9月29日 (木)

QUEEN CAFE に寄って来ました

Dscn0451

ハナシが前後してしまうんですけど、今日(日付は昨日)仕事帰りに思い立ってこちらの記事でご紹介した、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/queen-cafe-in-y.html

新星堂モザイクモール港北店「STYLE’S COFFEE」の企画店 QUEEN CAFE に寄って来ました。
先週末行けなかったので、行ける時に行っておこうと思いまして…

たまたま、今日はいつもよりも30分早く職場を出ることが出来たので、お店に着いたのは7時ちょっと前くらいだったんですが、さすが平日、

思いっきり貸し切り状態

になってしまいました…見よ、トップ写真の誰もいなさ加減を!

時間的にアレだったので、ついでに夕飯にしてしまおうと思い、オリジナルメニューの「ホワイト・クイーン」と、クルミのベーグルをいただきました。

Dscn0454

「White Queen」はお店の方いわく、「ざっくり言うとコーヒーフロート」とのことでしたが、ざっくり言わなくてもまあ、コーヒーフロートだと思います(笑)。

こんなこじゃれたコーヒーフロートなんて飲んだの久しぶりだわよ、凛々さんいつもはガブ飲みコーヒー腰に手を当ててぐきゅぐきゅ男らしく飲んでるもんだからさー。

BGM はずっとクイーンの「グレイテスト・ヒッツ」の1,2が掛かっていて、目の前のテーブルにはONKYOコラボのハイレゾ機器があって、

Dscn0453

お店の一隅はこーんなことや、

Dscn0456

こーんなことになっていて、

Dscn0458

なんか逆に、私はこんなところでひとりで一体何をやっているのかと…(笑)
これはやはり、何人かでワイワイと来た方が楽しいです。そうするべきです。

平日だったので、PV上映はなかったのですが、今週末の土日、

 10月1日(土) 17:00~
 10月2日(日) 17:00~

には、喫茶の隣の「STYLE’S STUDIO」にてPV上映会もありますので、お誘いあわせの上ぜひお出かけになられてみては。

STUDIO と反対側の新星堂ショップ自体も、音楽関係だけでなく可愛い雑貨なんかも置いてあって、眺めるだけでも楽しいです。

個人的には、このQ紋章付きヘッドホン掛けが欲しいと思った(そこか)。ヘッドホン本体には付いてないんだろうなぁ。欲しいなぁ、ヘッドホン掛け。

Dscn0459

モールの場所的には横浜市営地下鉄「センター北」駅の目の前、改札出てまっすぐなんですが、「STYLE’S COFFEE」自体が奥まったところにあって、足の悪い凛々さんとしては結構歩いた感覚。

その上このモザイクモールっていうのが…明るいダンジョン

凛々さん決して方向音痴な方ではないと思うのですが、2階のカフェから出て1階に降りてトイレに寄ったらもう方向が判らない!おーまいが。
だってだって、初めて来たんですもの!南も北も判らないのですもの!

お店の中に「センター北」駅方向の出口の案内が、もっと欲しいですモザイクモールさん…

教訓としては、「阪急側に行っちゃダメです!」ということを、念のため覚えておいてください。

あ、あと今回のQAL武道館公演のチケットの半券があれば、コーヒーなどが100円になりますので、持って行って損はないかも。

もっともみなさんやはり「White Queen」を頼むんだろうなぁ、とは思うんですけどね。
サンドイッチやカレーなど、お食事も結構充実してますので、食べる目的でもいいかも!ベーグル美味しいよベーグル。

Dscn0455

こんな QUEEN CAFE が、恒常的にあればなぁ…なんて、つい夢見てしまいますよね。

ビートルズ関係の飲食店はあるのだから、そろそろ誰かクイーン関係を…誰か…


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年9月13日 (火)

来日直前!スペシャルトークショー&「クイーン|ボヘミアの夜」アンコール上映会(長い)

Dscn0424

行きました。9/12、ZEPPダイバーシティ東京。

70年代のクイーンのライブを大画面大音響で上映なんて、ちょっと前までは夢、というか、ファンの悲願でした。ありがたく足を運ばせていただきますとも!

月曜だったせいかこのQ月イベント目白押しなせいか、残念ながら客席は久しぶりに見るガラガラ具合でした。開場に入った瞬間、ちょっと唖然としちゃった。

上映前の東郷かおる子さんと長谷部宏さんのトークショー、相変わらずの東郷さんのトーク回しのうまさを持ってしても、長谷部さんの「覚えてねぇなぁ」返しにはしばしば負けるのであった(笑)。いいなぁ、長谷部さん、飄々としてて。

内容としては、クイーンの来日を年代順に写真とか思い出とかで順繰りに解説、それにとってもレアな、ミュージック・ライフ誌の最初のクイーン特集号の時にオマケに付いていたソノシートの音源も公開!

あー、懐かしいーー。凛々さん、これカセットテープに録って(ソノシートを直接聴くと痛むから)何度も繰り返し繰り返し聴いたものです。
おかげでたぶん、だいたいのコメントはソラで言える(と思う)。This is John Deacon here from Queen.

ロジャーの「僕らも毎月読んでるミュージック・ライフの読者のみんな、こんにちは」とか絶対ウソ(笑)。ちゃっかりロジャーの調子のよさを垣間見る。
フレディはいかにも気取った口調だし、ブライアンはビリビリ神経質全開だし、ああもう、そうだったよそうだったよ、と凛々さん一瞬にして10代のあの頃にタイムスリップしました。

このソノシートでクイーンの(歌以外の)生声を初めて聴いた日本のファンは多かったと思います。
当時はまだ、プロモーションビデオ(という概念)すら、ない時代ですから…

それと、書籍「クイーンの真実」の宣伝で、ピーター・”ラッティ”・ヒンスさんの日本のファン向けのコメント映像も。

https://youtu.be/NrONZOnRBzc

入場者全員のお土産に、ラッティさん撮影のフレディのポストカード2種いただきました。ありがとうございますありがとうございます。素敵な写真~。

Dscn0427

(…嬉しいんだけど、ただ、「ボヘミアの夜」のお土産としてこれはどうなんだろうかという気もちょっと…笑)

トークショーの後はお待ちかねの「ボヘミアの夜」、ライブの前のドキュメンタリーで4月のクイーンデイの時に話題騒然だった「婦人会事件」ですが(笑)、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-5997.html

凛々さん今度は予め来るぞ来るぞと気合入れて聞いたので、発言者が判った気がするんですが、

「Happy at homeって嫌いなんだよ、俺らロックバンドなのに…」云々とわりとハイテンションで言っているのがフレディで、「婦人会かよ」と間にするっと言ってるのがロジャーだと思います!たぶん、あれはふたりの合わせ技!たぶんね。

あと、ボヘミアン・ラプソディ録音時のフレディの大爆笑!もう、ほんっっと可愛い!

Freddie「(笑いながら)みんな1拍遅れてるーー!」

Roger「合図出してくれよ」

Freddie「合図出そうとしたら今度は俺が1拍遅れたーーー!(自分で大爆笑)」

フレディ、ツボにハマったらしくてほんとに可笑しそうに笑う笑う。

この29歳のフレディの明るい、屈託ない笑い声。仕事やらなにやらで疲れて固まった心が、ゆるゆると崩壊するわ。ああ…尊い…

あと、前回凛々さん勘違いしたんですが、1975ハマースミスの時にインフルエンザだったのはロジャーだと、ロジャー本人が言ってました。本人が言ってるんだから間違いないですね。しかしインフルでドラムって相当キツくないか?

その1975年クリスマスのハマースミスオデオン映像。

まだまだビッグバンドになる前の、若い生意気盛りなクイーンの攻め攻めのライブ!

https://youtu.be/KjgauFZTAbU

クイーンは、ハードロックの期待の新星だったのだ。

いや、ほんと昔っから上手いよね、クイーン。

(ただ、フレディが出だし間違えた「ライアー」はうまいこと修正してるなぁ、と。いや、大画面だと目立つのよ、さすがに)

映像も綺麗だし爆音だし!着物ストリップだし!ああ、この一瞬たりともスキのないライブ!

この「1975ハマースミス」は、もっと一般に知られていいよなぁと思うんですよねー。正規に商品化してるのだしね。
フレディ・マキュリー=ヒゲ+黄ジャケットと思っている人にこそ、これは観ていただきたい!

そのためにも爆音上映、ぜひぜひ、またの機会を…
次の時には、もっともっと気合入れて宣伝に勤しむ所存です!

(ライブスパイアさん方向に、拝む)

Dscn0423

Awards16logo

「CLASSIC ROCK AWARDS
              2016」

 リイシュー・オブ・ザ・イヤー

「QUEEN-The Studio Collection」
  一日一回投票しよう!

 https://t.co/sC8CW4KoJ6

 投票締め切りは2016年9月28日(水)


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2016年9月10日 (土)

「Freddie For A Day 2016」 in Japan

Dscn0412

はいはーい、すっかりほとぼり冷めた頃にハードロック・カフェの「Freddie For A Day 2016」レポでーす。

去年の9/5は土曜日だったけど、ほら、今年は月曜じゃないですか。

うーん、月曜は仕事がどうなるか判らないぞ、と思っていたところが、チャリティピンの発売は9/5だけど「Freddie For A Day」イベントは9/1からやるっていうので、悩んだ末、ダイナーには土日に行って、月曜はショップでピンだけ買おう、という我ながらケナゲな作戦に出ました。

Dscn0405

ピンが夜まであるかという懸念はあったけど、去年の感じからいって、おそらく売り切れないだろうという予想。

…こんなブログやってるとまるで日本中クイーンファンみたいな錯覚に陥りますけど、今、日本で洋楽はマイナーな趣味ですからね(笑)。
しかも横浜、去年は限定ピン100個が今年は200個ですからね、たぶん、大丈夫と予想して。

まあそんな訳で休日の真昼間にのんびりと横浜へ。
どうでもいいんですが、ハードロック・カフェ横浜は、みなとみらいのクイーンズスクエア横浜「Queen's Square YOKOHAMA」にあります。ほんとにどうでもいいんですが。

Dscn0413

昼前に着いてアイス乗せブラウニーと、チャリティカクテルを頼んだのですが、なぜか、

「カクテル少々お時間掛かります」

と言われる(笑)。す、すいません、コレの

Dscn0402

どこに時間が掛かる要素があるんですか…

写真だと判りづらいけど、このグラス小さいんですよ。ショットグラス。くいっと一口で飲めてしまいます。
比較にヒゲ。結局2杯いただきました。

Dscn0404

それよりブラウニーがすんごいボリュームで…やっぱHRCはひとりで来るとコスパが悪い。グループで来ていろいろ頼んであれもこれもと突きまわすのが正しいですよね。

店頭と、お店の中に「Freddie For A Day」のポスターがあって、入口には募金箱もありました。
せっかくなので、お財布の中の小銭を募金もして、記念撮影。

Dscn0411

で、月曜は仕事帰りにショップだけよって、無事ピンを購入しました。

買うときにショップの方に「売れてますか?」と聞いたところ、「売れてますよ!結構お問合せも多くて…」とおっしゃってました。嬉しいですね。

Dscn0421

時間的にタイミングが合わなかったので夜のクイーンタイムは参加しなかったのですが、各地盛り上がったみたいです!

------------拍手コメントから------------

六本木ハードロックカフェへ、フレディおめでとうございます。と、総勢10名でした。
フレディ波多江さん、そこに、なんと、ROYさんも加わり、フレディのポーズを色々教えていただき、超盛り上がりました。
フレディ様も、退屈しなかったと思っています。

by エスパーマミーさんから


9/5は横浜にて、ダイヤ柄をほどこしたタイツでひとり楽しくお祝いできました。そしてとてもいい日になりました。フレディありがとう…。
ヒゲは完売でした。

by 名無しさんから


9/5 HRC大阪店で生誕お祝いしてきました♪
店員さんも黄色ジャケットにおひげ。大阪は2回目の開催。

クオリティの高い目玉コスチューム(手作りですよ!!昨年もいらっしゃってました)でお祝いされているグループ様、あきらかに巻き込まれましたがなんか楽しい方のグループ様、スクリーン前でモントリオールにかぶりつくお客様などなど。

19時からのクイーンパワープレイはモントリオールからのライブエイド。その後も途切れることなくPVの大盤振る舞い。フレディのおかげで楽しい時間を過ごしました。

by フレコさんから


凛々さんこんにちは!
福岡店に行き、ピンバッチを買いました。(スペイン人の可愛い男性の店員さんから!)
飲食はしなかったのですが、店内には華奢なフレディが3人ほどいました。(ライブエイドの扮装)
HRCは今年、ヤフードームの隣から博多駅のビルに移転して便利になったので、来年はカクテルとかも飲みたいなあ、なんて思っています(鬼が笑う)

by ケリーさんから


福岡は4月に移転してリニューアルした新しい店舗での開催でした。 フレディがいっぱい居て楽しかったです。

R5ripha2jpg_large

時間が深くなるにつれてヒゲを着けたスタッフさん増えてました。 左端のお兄さん せっかくのマイクが…それYAZAWAじゃね?と突っ込みたくなりましたw

by heart628さんから(ツイッターより)

------------------------

レポしてくださったみなさま、ありがとうございました!

そうそう、ヒゲが9/5には売り切れてたのよね、東京と横浜は。ヒゲの方が!(笑)そこは盲点だった!
それだけ、チャリティカクテルが売れたってことですよね!嬉しいですね♪

おそらく、来年の春頃にまた、HRCからMPTに寄付金の贈呈がロジャーかブライアンを相手に行われるのでありましょう。私たちがちょびっとだけ貢献した寄付金がね。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-4fd2.html

ツイッターでは世界各地からの写真が続々と上がって、本当に世界中で、フレディのお誕生日をお祝いしてるんだなぁ、と心が暖かくなりました。

ツイッターでも言ったんですけどね、まず日本が時報とともに「おめでとう!」を言い出して、次にヨーロッパがお祝いし始めて、その次には南北アメリカがハッピーバースディ!とツイートして、なんだかね、喜びが地球をぐるんと周っているのが、目で見えるんですね。

だから凛々さん、海外アーティストの場合、ハピバは自分の国の時間でやるのが、いいと思うんだな、前にも書いたけど。

喜びが、祝祭が、フレディ・マーキュリーへのみんなの愛が、ゆっくり地球を包んで行くのが、素敵だな、と思うんですよね。

Awards16logo

「CLASSIC ROCK AWARDS
              2016」

 リイシュー・オブ・ザ・イヤー

「QUEEN-The Studio Collection」
  一日一回投票しよう!

 https://t.co/sC8CW4KoJ6

 投票締め切りは2016年9月28日(水)


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

記事一覧は↑コチラからもご覧いただけます。

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで3円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

より以前の記事一覧