カテゴリー「伝記映画」の69件の記事

2018年12月 7日 (金)

【速報】ゴールデン・グローブ賞ノミネート

Boysb

その年の1月から12月までにロサンゼルス地域で公開されたテレビ・映画に対して、ハリウッド外国人映画記者協会(Hollywood Foreign Press Association, HFPA)会員の投票によって決定する、アカデミー賞の前哨戦ともいわれるゴールデン・グローブ賞の2018年の候補リストが先ほど発表され、

映画「ボヘミアン・ラプソディ」がドラマ映画部門の作品賞、

ラミ・マレックがドラマ映画部門の主演男優賞

にノミネートされましたぁ!
どっひゃぁぁぁ!ほんとに来た!…ほんとにってのもアレだけど(笑)。

すべてのノミネートリストはこちらに。

https://www.goldenglobes.com/winners-nominees

日本語リストはこちらなど。

https://fansvoice.jp/2018/12/06/goldenglobe-nominations-2019/

受賞者の発表と授賞式は、来年1月6日(現地時間)に、LAのビバリー・ヒルトン・ホテルにて行われます。

授賞式の模様は日本では、昨年(74回)今年(75回)といずれも CS の AXN が生放送しているので、来年(76回)もそうなる可能性が高いと思われます。

あ、あのっ!作品賞にノミネートされてるんだから、あの仲良し Boys みんな来るよねっ?下手したら、御大ふたりも、来ちゃう?う、うわぁぁぁぁ。

日本時間だとたぶん、1月7日(月)の午前中。年末年始明けの月曜という、仕事が最高潮に忙しいタイミングだわ。みんな、あとは任せた、がくっ(気絶)。

確かブライアンが、「ラミの演技はアカデミー賞にもふさわしい」とか言ってた気がするんだけど(…ソースどこだっけ?)、なんだか現実味を帯びてまいりましたよ。

あと、関係ないんだけどいつもだったら日本公開って北米から何か月も遅れるじゃないですか、それが、「ボヘミアン・ラプソディ」に限ってほとんど公開のタイムラグがなかったことも、ありがたいなぁ、と。他のノミネート作品見て改めて思いました。

ほら、いつもゴールデン・グローブ賞とかアカデミー賞とかって、うんうん、きっと凄いいい映画なんだろうね、日本ではまだやってないけどね、という、微妙に「置いてかれ」状態あるあるじゃないですか。

それが「ボヘミアン・ラプソディ」にはない!一緒に盛り上がれる!これは嬉しいなぁ、と。しみじみ。

トップの画像は、例によってジョー・マゼロさんがインスタグラムにアップした Bo-Rhap Boys。

https://www.instagram.com/p/BrBFx0CBzU2/

貼れという誘惑の声に抗えなかったよ、ママーーーううううーーー。

Borhapg

Ramig


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月28日 (水)

「THE BRITISH ROCK」大阪上陸!とか。

Bohemianrhapsodyclip

上陸って。ゴジラか。

●ってことで、東京では11月26日ににぎにぎしくも終了した、公式グッズ専門店PGSさんの英国ロックグッズの祭典「THE BRITISH ROCK」

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/the-british-roc.html

は、予想外の(と言っていいと思うんだ)映画「ボヘミアン・ラプソディ」大ヒットの余波で、トップページがクイーンだらけになってて嬉しい限りですが、

https://britishrock.pgs.ne.jp/

関西方面のみなさーーーーん!

こちら、12月7日より大阪出展が決定とのことですよーーー!

いやー、売れるってのはいいもんだ(笑)。

お馴染みの商品(お面とかお面とかお面とかお面とか。いや、4回言わないとね)の他、映画グッズなんかも取り揃えて堂々の大阪入りでござます。

日程 / 2018年12月7日(金)~26日(水)
営業時間 / 11:00~21:00
会場 / 大阪・心斎橋OPA きれい館2F 特設会場

詳細は公式サイトで!


●あと、このブログではいろいろお馴染み(笑)立川シネマシティさんなんですが、映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、なんとここに来て規模縮小どころか、拡大!いよっ、男前!

実は凛々さん、シネマシティさんには11月15日に観に行って来たんですが、ただ大きな音の「爆音」ではなくて、細部にわたって調整されているキメの細かな音、といいますか、「ボヘミアン・ラプソディ」て、ほら、音楽のあるシーンと無音のシーンのメリハリがある映画じゃないですか、そのメリハリを、大事にしている調整だと思います。

凛々さん、シネマシティさんのメルマガ登録してるんですが、

-----引用ここから-----

★『ボヘミアン・ラプソディ』【極音】
 超特大ヒットにつき、土日祝はWeb予約
 をオススメします。
 満席すぎるので12/1(土)からの週は
 1日9回上映!

__________________
 『ボヘミアン・ラプソディ』【極音】
 超特大ヒットにつき、土日祝はWeb予約
 をオススメします。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 テレビやネットでも大きく取り上げら
れて特大ヒット中の『ボヘミアン・ラプ
ソディ』は、お客様が右肩上がりに増え
てます!

 よって12/1(土)からは1日9回に回数
を増やして連続満席状況に対応します。

 いまさらクィーンの音楽や作品につい
て語ることもありませんが、今作の魅力
のひとつは、フレディが猫好きであるこ
とをしっかり描いていて、スクリーンに
何度も猫が登場すること。

 一部で『ボヘミニャン・ラプソディ』
と称され、その愛くるしい姿が、アーテ
ィストの苦悩による作品の重苦しさをい
い感じでやわらげると大評判。

 名曲群のみならず、喉ゴロ音を、極上
の大音量で愛でることができる、猫快楽。
 これは大ヒットして然るべき。

 土日祝にお越しの方、平日でもお席に
こだわりのある方は、早め早めのWeb予
約をおすすめします。

上映時間確認・Web予約はこちら
https://res.cinemacity.co.jp/TicketReserver/studio/movie/1510

-----引用ここまで-----

(あの、シネマシティさん、引用まずかったら言ってください、下げますので)

「満席すぎるので」

「ボヘミニャン・ラプソディ」

「猫快楽」

などというパワーワードが次々炸裂しております!

東京ばかりではなく、ツイッターのタイムラインでは全国各地の映画館さんで4DX開始とか

IMAX拡大!とか

IMAXレーザーでやるよとか、

https://109cinemas.net/news/3993.html

応援上映もまだまだやるとこあるみたいですよっ!

ダメ元でお近くの映画館を確認してみてください!

http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/theater/

ちょっとくらいなら遠征もアリだと思うの、この際。

実は11月25日にはお台場のScreenXでも観て来たんですけど、面白いよ、ScreenX!
何より、映画本編で使われていない映像が、左右のスクリーンに出る!ああ、目が何個あっても足りないっ!特にロジャーガールたちは、左側スクリーンは必見!(謎)

「いつまでやってるんだろ…」とご心配なそこのアナタ。

あなたが見続ける限り、祭りは終わらないっ!


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月23日 (金)

メモリアルデー直前情報

20181123

いやー、直前情報がほんと直前で申し訳ございませんです。でも告知自体が直前なんですものー。

んじゃ、駆け足で行くからっ!どどどどど…

●例の映画公式さんのメモリアル記念ポストカードの件なんですが、なんかどうも、途中から応援上映にメインがシフトしたみたいで(笑)。

公式さんもまとめてはくださってるんですが、

「うちもやるよ!」という劇場さんは、ぜひメンションやDMでお知らせ下さい。

とか言ってて、なんかどうも、もはや公式が把握していないという事態(笑)。
とりあえずこちらの上映館一覧から、お近くの上映館に飛んで、自力で確認なさるのが一番いいような気がします。

http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/theater/

凛々さんざっくり把握したところでは、ユナイテッドシネマ系、イオンシネマ系、シネマイクスピアリ系、コロナシネマワールド系、Tジョイ系、川崎チネチッタさん、などではポストカードの方、配るみたいな感じです。

…が、やはりお近くの劇場に確認を、以下同文。


●で、ここに来て突如「クイーンならウチに任せろ」とばかりに、MUSIC LIFE のシンコー・ミュージックさんが、メモリアルデーに追悼イベント開催の告知です。

えっそんなまた急に。

まあ、おそらくMUSIC LIFE さんのいつもの感じの展示物と、献花台と、あとは集った方々でフレディを偲ぶ歓談、みたいな感じでしょうか?緊急過ぎてよく判らないですが。

「いつもの展示物」はこのあたりとかご参考に。

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/queen-in-3-d-96.html


●あと、ほら、前に「映画館で映画のオリジナルグッズ販売する」って言ってたのに、映画館にグッズほとんど置いてなかったと思いません?すっかり忘れてたけど。

それがどうも、突如(突如ばっかりだな今回)、アンテナショップ開店!

えええー、それじゃ東京の人しか買えないじゃないですかー。全国の映画館で売りましょうよ、それはそれとして開店はしておいて。

…ってユニバーサル公式さんは告知してるんですけど、肝心のURLがサーバーエラー(笑)。

http://popup-sandz.tokyo/

ほらー、やっぱ緊急過ぎるのは良くない。

11/23追記:やっとオープンしました。

調べたところ、ここみたいです。

https://t.co/rLZFx0dzHg

-------引用ここから-------

ポップアップ サンズ

UNIVERSAL MUSICが手がけるアーティストやエンタテインメントとのコラボポップアップストア。店頭限定のアーティストグッズやクレープ店「PARLA」中華理料理店「Renge equriosity」監修による期間限定のコラボフードを販売。

-------引用ここまで-------

ってことで、その第一弾がクイーン、というか、映画「ボヘミアン・ラプソディ」グッズ、みたいです。

場所は六本木ヒルズ、ヒルサイド2階。地図はこちら。

http://www.roppongihills.com/floor_map/66plaza.html


●で、諸般の事情でイベント行けない、という方のために!(はーい!それは凛々さんでーす!)

11/24午前0時より、ニコニコ動画のニコニコ生放送で、クイーンのミュージックビデオ57曲と、過去のライヴ映像が24時間繰り返し流れます!とのこと。

『これが伝説のバンドQUEENだ!! 映画「ボヘミアン・ラプソディ」大ヒット記念24時間特番』

日時:11月24日(土) 0:00~11月25日(日) 0:00

視聴URL :http://live.nicovideo.jp/watch/lv316973593

たしかコメント書くにはニコニコの会員登録が必要だったはずだけど、ツイッターやfacebookのアカウントでもログインできます。

 ☆   ☆

…ぜえぜえぜえ…

なんか2018年のフレディ・マーキュリー様ご命日は、とんでもなく慌ただしいことになってますが。

ざっくりまとめます。

首都圏の方:シンコー・ミュージックビルで献花台とイベント。応援上映&ポストカード配布は自力で調べよう!ごめん!

それ以外の方:応援上映&ポストカード配布する映画館は自力で調べよう!見たとこ名古屋や金沢なんかでもあったよ!

そもそもイベントや映画に行けない方:ニコニコ生放送や、MTVの3時間ぶっ通しPV祭り、MUSIC AIRさんの手持ち番組放出(カレンダー見てね)、あるいはお手持ちのDVDなどで追悼しよう!


…まあでもにぎやかなことが大好きだったフレディだから、しんみり泣かれちゃったりするよりは、日本全国ばたばたの方が、きっと嬉しいかもね。

まるで誕生日みたいにみんな騒いで歌ってーーー!と思ってると思うよ、あのお方は。

凛々さんは仕事だけど(しつこい)、でも心では想っているから!
天に輝く、あの大きな幸運(ペルシャ語で「Farrokh」)の星を、いつも心で眺めながらね。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月21日 (水)

根無し草の狂詩曲

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のこのタイトルは、クイーンのかの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」のことでは、実はないのかもしれない、と私はなんとなく思い始めている。

ボヘミアン、は元々はロマのことだったが、19世紀頃には「定職に就かない自由奔放な芸術家や作家、創作や思索や哲学に浸り世間に背を向けた者」と定義された。

そんなボヘミアンな若者たちの共同生活、友情や恋や挫折を描いたプッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」、そしてそれを現代にアレンジしたミュージカル「レント」など、若さゆえの純粋さや性急さやその才能の一瞬のきらめきに自ら翻弄されて押しつぶされてしまう悲劇。と、それをどこか突き放して見た、喜劇。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、そんな「ラ・ボエーム」の流れを正統に踏襲した、文字通りの「若く貧しく孤独で不遜な芸術家たちの、狂詩曲」という意味なのではないだろうか?と。

このブログでも何度か言っているのだが、音楽というのは非常に個人的なものだ。

同じ音楽を聴いていても、記憶の淵に漂うものは人によってまったく違う。音楽は常に、その人の人生と共にある。だから、ある音楽について語る時、それは同時に、その人の人生をも語ることになる。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」について公なり私なりで語られることの多くが、自分語りになってしまうのはそのためだ。

つまり、クイーンの音楽を愛する誰の心の内にも「私のクイーン」があって、「私のフレディ・マーキュリー」が、確固とした地位を築いて、そこにいるのだ。

私は映画「ボヘミアン・ラプソディ」を現在のところ4回観ているが(念のため申し添えれば、これはクイーンファンとしては格別多い回数ではない)、私自身も含めた周囲の、特にフレディのファンに、この怒涛のクイーン楽曲の集中爆撃をして「初めて観た時には泣かなかった」という人が、案外いる。これは面白い現象だ。

面白くなかったわけではない、感動しなかったわけではない。
音楽最高、俳優も最高、映画として素晴らしい出来だというのは、判る。

だがおそらく、次々と目の前に繰り広げられる物語と、それぞれの人の内にある「私のフレディ・マーキュリー」とのすり合わせのために脳がフル稼働してしまって、感情が追い付かなかった結果、なのではないかと思う。

この映画が、むしろ今までクイーンにあまりなじみがなかった人たちから絶大なる支持を受け大ヒットしている理由も、たぶんそこだ。そういう人の方が、フラットに観ることが出来るのだ。この、若きボヘミアンたちの、世の中をひっくり返すような狂詩曲を。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、史実をなぞってはいない。あえて、組み立てなおしている。それはそれは見事に、組み立て直している。

途中で監督降板のごたごたがあって、監督不在の時は撮影監督が実質現場を取り仕切っていたらしいが(メアリー役のルーシー・ボイントンは、ブライアン・シンガー監督とほとんど会っていないとのこと!)その瑞々しく光り輝きはするが未だバラバラなそれぞれの断片を、これほど美しい結晶体に組み立て直したのは、デクスター・フレッチャー監督の手腕だろうか。

そこに描かれているのは「誰の」フレディ・マーキュリーでもないし、おそらくは音楽監修を務めた「ブライアン・メイやロジャー・テイラーの」フレディ・マーキュリーですらないだろう。

だが思い出して欲しい、クイーンの楽曲とはまさに、才能と技巧の限りを尽くして壮麗に築き上げられた、計算し尽された人工美の極致ではなかったか?

だからこれは、とてもクイーンらしい、フレディ・マーキュリーらしい映画だ。

フレディ・マーキュリーという稀なる宝玉を素材にして、フレディ・マーキュリーとはどこか違うものを描いているようにも見えるのに、気が付けばそれはちゃんとフレディ・マーキュリーになっている。

この超絶ウルトラ難度の離れ技を、監督交代という崩壊すれすれの微妙なバランスの上に成立させた奇跡を、私たちは今、観ている。

美しい奇跡。まるで夢のような。
瑞々しく痛々しくそして暖かい、おそらくはたった一度の、銀幕の奇跡。

結局のところ、「私の内なるフレディ・マーキュリー」すらも、この映画を好きだと言っている。そしてその意見に、私も掛け値なしで賛成だ。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月20日 (火)

第三次クイーンブーム到来!…らしい

Freddieandbrian

ども。フレディ・マーキュリーのメモリアルデーである11月24日にがっつりフルで仕事入ってる凛々さんです。マンマミーア!

せっかくのご命日に映画もヒットしてることだし、なんかやらないの?20世紀フォックスさん、ユニバーサル公式さん、と思っていましたら、

「一部劇場でメモリアル記念となるフレディのメッセージつきポストカード(3枚セット。フレディの顔の絵柄のみ、裏面にメッセージを掲載)を配布予定」

とのことなんですが、

一部劇場

がどこなのかまだ不明なため、コメント欄が阿鼻叫喚の地獄絵図になっております!

11/20現在、公式サイトの劇場欄にはまだ応援上映の情報しか載っていないので、

http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/theater/

ここをこまめにチェック、ですかねぇ。
応援上映みたいに全国規模でやってくれるとありがたいなぁ。

首都圏以外の方にはいろいろ不満も出てるかとは思うんですが、とーほぐ出身の凛々さんから見ると、今回の映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、破格に地方への気遣いがある、と感じてます。

試写会だって応援上映だって、もちろん各種プレゼントの応募だって、まがりなりにも全国展開だったしね。

頑張ってるところは称えたいなーと。

…と誉めたので、なるべく多くの映画館でポストカード配布よろしくお願いいたします(笑)。
凛々さんは間に合わないけどねっ。おーまいがーーー。いいもんいいもん、ウチ帰って一人でライブ・エイド祭りするもんっ!

そういえば先週末、17、18土日の興行収入も、「ボヘミアン・ラプソディ」が1位キープだったそうで、V2!おめでとーーー!ありがとーーー!

今週末は「ファンタスティック・ビースト」の新作が来るので、みんな、臨戦態勢だっ!厳しい戦いになるぞ!メモリアルデーは映画館に集合だ!ポストカードはともかく!(笑)

サントラ盤や、その他のクイーンアルバムも売れてるみたいです。「売れること至上主義」だったフレディがどんなに喜ぶでしょうね。

でね、こちらの記事で凛々さん、

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-e10f.html

「次クイーンブーム来たら第四次」って言ってるんですが、どうも世間的には第三次らしいんです!
ど、どれとどれ?どれが抜けてるの?

判らなかったのでツイッターでちょっとつぶやいてみたところ、いろいろとご意見をいただいて、うーむ、そうかーとか思っていたのですが、その中で「あれん @allen3_82」さんから、

「たぶん、デビューから亡くなった直後までが一括りにされているんではないでしょうか?」

という説をいただきまして、つまり我々ファンとしてはフレディ生前からクイーン浮き沈みのあーんなことやこーんなことを知っているけれども、一般的にみれば、クイーンは常に「ビッグバンド」で大御所で、だからフレディ生前のクイーンをまとめて第一次、と!

ああ、それ、なんか一番嬉しいというか、そうあって欲しい説だ。

ってことで、実際がどうあれ(笑)、凛々さん個人はフレディ生前=第一次、木村さん特需=第二次、で、今回が第三次、と思うことにしました!めでたしめでたし。

あ、あと応援上映ね、先週末のとこが多かったけど、今週のところもありますので(たとえば横浜ブルク13さんは22日まで絶賛応援中)、

一番上のリンク先からお近くの劇場確認してみてくださいね。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月17日 (土)

「新宿ピカデリー爆音映画祭」来た!

Bohemianrhapsody

ども。この週末全国応援上映で盛り上がっている中、休日出勤の凛々さんです。

いいの、クイーンが盛り上がっているだけで私は幸せ…

とか、心に天使飼ってる場合ではなく、

●初日のお台場に引き続き、新宿ピカデリーでも

「第3回新宿ピカデリー爆音映画祭」

が決定しました!
もちろん我らが「ボヘミアン・ラプソディ」もエントリー!

https://www.smt-cinema.com/campaign/bakuon_shinjuku_201812/

期間:2018年12月11日(火)~12月20日(木)

新宿ピカデリーWEBでのチケット販売:12/4(火) 18:00~

料金:1作品一律1,800円(税込)
(ムビチケ・各種招待券等は使えません)

Shinjukusmall2

前回のお台場では、ぎりぎりに追加された感の Bo-Rhap でしたが(初日だったしね)、新宿では堂々、18回もの上映回数!だいたい、1日に2回上映がある感じです!(12/17、18日を除いて)

凛々さん、もう力尽きて(笑)クイーンカレンダーに「爆音映画祭」関係の上映時間は入れてないんですすいません。

チケット販売は12月4日の夕方6時からです!お忘れなく!


●映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットのおかげで、いろんな情報番組のエンタメコーナーで特集されてて正直もう全部拾い切れてないんですが、来週の水曜夜11時半から、洋楽番組の老舗、「ベストヒットUSA」でも特集があるようです。

BS朝日11月21日(水)23:30~23:54

これは拾ったので(笑)告知。


●映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットを受け、全米シングル・チャート「Billboard Hot 100」に、楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」が、発売から43年にして通算3度目のラインクインを果たしました。

https://www.billboard.com/charts/hot-100

最初にリリース後の1976年、最高位9位。
次は映画「ウェインズ・ワールド」のヒットによる1992年、最高位2位。

そして3度目。
2018年11月17日付で、33位にランクインです!まさに不死鳥、フェニックス。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」にも出演のマイク・マイヤーズが、かつて映画「ウェインズ・ワールド」で世界一有名なヘッドバンキングをした時、映画会社は当初このシーンはガンズの曲にしろと言ったんですって。
それを彼は突っぱねて、「ボヘミアン・ラプソディ」で強行したんですって。「自分はこれで育ったんだ!これでやらせてくれないなら降りる」って。

「この曲はダメだ、こっちにしろ」と言った「立場が上の人たち」は、ことごとく自分が間違っていたことを思い知らされることになる。
映画の中でジム・”マイアミ”・ビーチが「でも世間ではどうかな?」と言ったように。

「ボヘミアン・ラプソディ」は、きっとそういう曲。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月14日 (水)

【緊急告知!】「ボヘミアン・ラプソディ」応援上映祭り!

Screen_shot_20181003

前回の記事の流れでさらにあちこち検索してみたところ、なんかこの週末、16,17,18日あたりに結構な館で「ボヘミアン・ラプソディ」の応援上映が開催されることに気が付きました。
ひとつひとつ見てたら、え、ここも?え、ここも?と幸福の芋づる式

前回の記事で凛々さん「北」が寂しいとかなんとか言ったところが、今回はなんと、

北は旭川から南は鹿児島まで

の快挙の模様です!

実施館一覧は公式サイトさんへ!
…やだもう、公式さんもそうならそうと早く言ってよ。自力で調べんの大変なんだから!(八つ当たり)

http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/theater/

詳しい日時は多すぎて全部書けない、っていうか、その前に全部調べきれないんですが、なんか、今週末のところと、来週末のところとあるみたいですので、お近くの映画館を今すぐチェックだ!すでにチケット販売が始まってるとこも!

さ、さては20世紀フォックスさん、コレでこの週末も興行収入1位をキープする算段か!あざとい!あざといぞ!(訳:いいぞもっとやれ)


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月13日 (火)

「応援上映」情報ふたつ

Joe_instagram

(写真はジョー・マゼロさんのインスタより。もうほんとジャパンを満喫し尽くしてくれて、嬉しいわー。
 https://www.instagram.com/p/BqGoMQfB2Pc/ )

1回では済まない映画「ボヘミアン・ラプソディ」の、さらなる応援上映が決定しています!

●ひとつは川崎チネチッタさん!

https://t.co/I3fYKz2Les

・11/18(日) 18:35の回
・11/23(金・祝) 時間未定
※上記以降の実施日時は決定次第お知らせいたします。

チネチッタの【LIVE ZOUND】というのは、簡単に言うとライブ用の音響設備のこと。まさに「ボヘミアン・ラプソディ」観るにはぴったりですね!
そこで歌っても手拍子しても「エーオ!」とレスポンスしてもいい応援上映は、ハマリなのではないでしょうか!

チケット販売は通常3日前からなので、18日の分はおそらく11/15から販売になるのではないかと思われます。


●もうひとつは、109シネマズさん!
harumi( @harumi_fourcats )さんから情報いただきましたー。ありがとうございます。

https://109cinemas.net/news/3974.html

 11/16(金) 名古屋
 11/17(土) 二子玉川、木場、川崎、湘南、HAT神戸

という、大盤振る舞いです!「東京だけー」じゃないのがいいですね!
しかも通常料金。

時間はそれぞれの劇場サイトで調べてくださいとのことなので、調べました。

名古屋 11/16(金) 18:50~21:15 シアター6

https://109cinemas.net/movies/1899.html?t=nagoya

二子玉川 11/17(土) 18:30~21:00 シアター9

https://109cinemas.net/movies/1899.html?t=futakotamagawa

木場 11/17(土) 18:05~20:35 シアター3

https://109cinemas.net/movies/1899.html?t=kiba

川崎 11/17(土) 16:25~18:55 シアター6

https://109cinemas.net/movies/1899.html?t=kawasaki

湘南 11/17(土) 18:30~21:00 シアター2

https://109cinemas.net/movies/1899.html?t=shonan

HAT神戸 11/17(土) 16:25~18:55 シアター5

https://109cinemas.net/movies/1899.html?t=hatkobe

11/16の名古屋のみ、今日からチケット販売中。
11/17上映の館は、いずれも明日11/14から販売開始です。

 ☆   ☆

なお、既報の「爆音映画祭」もまとめとくと、

109シネマズ広島 11/14~11/18

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-fd5c.html

MOVIXあまがさき 11/22~11/25

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-e10f.html

MOVIX京都 12/13~12/17

http://yuuki-rinrin.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-6b62.html

京都だけ「もう無理(笑)。」で時間お知らせしてなかったので、「ボヘミアン・ラプソディ」上映回は、

12/14(金) 18:30~
12/15(土) 18:00~
12/16(日) 18:30~
12/17(月) 9:00~

の4回です!

Kyotosmall2

無理でもなんでも、ちゃんとまとめておかないとダメねぇ。後から自分が困るわ。

…とーほぐ出身の凛々さんとしては、「北」(と南)がいつもちょっとさみしいなーーーーと思うのですが、それは今後に期待します!

ロングランヒットしてれば、そのうちきっといいことあるさー、と信じて。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月12日 (月)

「ボヘミアン・ラプソディ」週末興行成績1位!

Queen2

実を言えば、プレッシャーは感じてたんですよね、ごく個人的に…
イギリスで1位発進なのはまあ、地元だしね、と思うんだけど、北米でも初動1位と聞いて。

たぶんね、たぶんなんだけど、ブライアンもロジャーも、日本のことは全然心配してないと思うんですよ。もうなんか、まるっきり信じてくれちゃってると思うんですよ。

日本は、いつだってクイーンの味方さ。

いつだって。そう、あの時も、あの時も。
だから、映画の入りだって全然心配してないんじゃないかな、と。

出来ればその信頼は裏切りたくないなぁ、と、なんか勝手に思ってて。でも個人が出来ることなんてたかが知れてるので、精一杯情報集めて、盛り上げようと思って。それなりに頑張って。まあ、微々たる応援ですけど。

だから、ネットで見る映画の評判なんかが結構いいのと、あと、実は凛々さん、TOHOシネマズの試写会とジャパン・プレミアに当選してまして、封切り前に2回観てるんですが、これはファンじゃない人にも、誰にでも幅広く気に入ってもらえる、対象をクイーンファンに限定しない、「映画」としてよくできている映画だ、と感じていたのでちょっとは期待していたのですが。

本日、この週末の土日、11月10日~11日の興行成績が発表されました。

http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201811/12180443.php

--------引用ここから--------

今週の映画動員ランキングは、『ボヘミアン・ラプソディ』(FOX)が土日2日間で動員24万5000人、興収3億5400万円をあげ初登場1位を飾った。初日からの3日間累計では動員33万8000人、興収4億8700万円をあげており、ロングラン大ヒットの記憶も新しい「グレイテスト・ショーマン」(2018年2月16日公開、興収53億円)の興収対比96%という、好調なスタートとなっている。

【興行通信社】

--------引用ここまで--------

ああああ!来た来た来たーーーー!
みんなーーーー!初動1位だよーーー!取ったよーーー!

思わず、アメリカツアー前のBoysクイーンのごとく、みなさんとがっしりとハグ。…エアーで(笑)。
凛々さん、職場にも関わらずなんかほっとして涙ぐんじゃったわよ。母かよ。

いやー、内心、ライバルはジャニーズさんと2週目のヴェノムさんだとふんでたのよねぇ。特にジャニーズさんの動員力は怖かったわ。

でもここで満足することなく、次は目指せロングランヒット!

っていうか、実際問題1回観たくらいじゃ消化出来なくない?
凛々さん1回目の時はカメオ出演のアダム・ランバートさんも発見出来なかったし(2回目で判った)。金閣寺のお札も気が付かなかったし(何を観てたんだ)。

3回目はIMAXで観たから、次はシネマシティの極音だ!ドルビーアトモスでも観たいぞ!

…と、欲望は果てしなく続くわけです。

あと、結構各地の映画館で独自のコラボしてるみたいで、凛々さんが3回目に行った横浜ブルク13では、コラボカフェやってて、オリジナルドリンクがありましたよ!

ああ、祭りは続くよどこまでも。

試写会、ジャパンプレミア、その他のレポは、また改めて書きたいと思うのですが、思うのですが、思うのですが(延々)

取り急ぎ、祝・1位発進!ああもう、ほんと良かったわー。


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

2018年11月 8日 (木)

もう無理(笑)

Boys2018nov7

ごめんなさい、映画特需でほんっっっとに情報があふれてて、とうとう凛々さんにもひとつひとつご紹介している余裕が、なくなりました!嬉しい悲鳴どころじゃないわ、悲鳴出す余裕すらないわ。

ってことで、本日は大変申し訳ないのですが、

 羅列

になります。内容はそれぞれのURLをクリックして、ご確認ください。よろしく各位~~

●お馴染み楽器cafe さんクイーン関連4作どどんと上映会!

●【数量限定】ユナイテッドシネマさん、「ボヘミアン・ラプソデイ」ポストカード付 オリジナルドリンクカップセットを11/9(金)から販売!

●吉祥寺オデヲンさん、11/11(日)に「rockin'on」編集長・山崎洋一郎氏のトークショー開催!

●アパレルショプ「SNIDEL」さんとクイーンのコラボ商品、11/9(金)より発売!

●京都周辺のみなさーーーん!MOVIX京都に爆音来ますよーーー!

●11/8 Bo-Rhap Boys 記者会見!(ぺリスコって後からでも観られますよね??)

●シネマトウデイライブは11/8 15:10頃から!(Youtube実況は、後から観られるかどうか判りません…)

通常の「勇気凛々」だったら、クイーン関連ニュースひとつひとつなめるように味わいながら記事にするところなんですが、花京院並みの変態発揮できなくて無念でございます。

個別にレロレロ味わってね各位~~


拍手コメントにいただいたコメントは、ある日突然ブログ記事内でご紹介させていただくことがあります。ご了承ください♪

●ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/

東日本大震災での東北3県の被災学校に1日1回、1クリックで1円支援!スマホからでも参加できます。

●このブログはリンクフリーです。とくにご連絡なくてもおっけーでーす。リンクバナーが必要な場合は、下記をお使いくださいね。

(リンクバナーイラスト・Akiraさん。ありがとうございます)

|

より以前の記事一覧